お酒の飲み過ぎで起こる肌荒れの原因は?

出典:フォトAC

こんにちは、麻沙美です。

会社の付き合いやなんかで飲み会に参加する機会はたくさんあると思います。

男性はそこまで気にないと思いますが、女性の中には肌荒れが気になる人もいるでしょう。

お酒を飲んでいない日はそうでもないのに、お酒を飲んだ日に限って肌荒れを起こすなら、その原因はお酒の飲み過ぎによるものが多いと思います。

では、アルコールで肌荒れが起こるというのはどういうことをなのか。

アルコール成分が肌に起こす影響について調べてみました。

お酒の飲み過ぎで肌荒れやニキビが起こるのは何が原因?

肌荒れは種類がさまざまで、痛みがある場合は何かしらのアレルゲンによるアレルギー反応である可能性があります。

しかし、お酒を飲んだ後に起こる肌荒れの場合は、ほとんどがアルコール成分が原因であることが多いです。

お酒には利尿作用があり、飲めば飲むだけトイレが近くなります。

この状態が起こるのは、飲酒で体内の水分が不足してしまっている可能性が高いです。

もしお酒を飲んだ翌日に喉が渇いたり、肌荒れがひどかったり、倦怠感を感じるなら、それは脱水症状になってしまっている可能性があります。

お酒は利尿作用があるので、飲み過ぎれば皮膚がめくれたり、粉を吹いたりするなどの重度の乾燥肌になっても不思議はありません。

お酒とニキビの関係は?

肝臓はお酒を飲んでいるとき、その成分の分解や代謝の為にずっと働き続けることになります。

お酒の成分を分解することに力を使うことになってしまうので、脂質が運ばれてきてもそれの分解、代謝は後回しになってしまいます。

さらに、お酒を飲んだことでビタミンBなどの肌の健康維持に大事な成分が体外へと排出されてしまうことになります。

なので、肌荒れやニキビの出現に拍車をかけてしまうことになります。

こうならないためにも乾燥肌、ニキビの予防の為に十分な睡眠を摂るようにしましょう。

お酒と睡眠不足の関係は?

睡眠不足になってしまうと、肌細胞の生成に関わってくる成長ホルモンの分泌が低下してしまいます。

お酒を飲みすぎてしまうと、アセトアルデヒドの生成量が増えてしまい、深い睡眠が妨げられてしまいます。

つまり、睡眠不足に陥ってしまうことになります。

そうなると成長ホルモンが分泌されにくくなってしまうので、結果的に肌荒れに繋がってしまうのです。

そうならないためにも、お酒を飲んだとしても十分な睡眠をとるようにしましょうね!

美容情報が満載のおすすめサイト

そんな美容に関する情報が満載のサイトがあるので、一つ紹介しますね。

それがあやさんという方が運営している美容美人というサイトです。

今回紹介したお酒と肌荒れに関する事、睡眠不足が引き起こすクマの解消法、ネイルのお手入れなどの情報がたくさん載っているサイトなので、是非一度読んでみてくださいね。

ヘアケアの基本!コンディショナーの使い方とタオルドライ

こんにちは、麻沙美です。

シャンプーを使って髪の毛を洗ったあと、必ずコンディショナーを使うと思います。

しかし、コンディショナーの使い方が間違っている人は結構多いんですよ!

コンディショナーも正しく使わないとあまり効果を発揮してくれなくなってしまいます。そこで、正しいコンディショナーの使い方を学んで最大限効果を発揮できるようにしましょう。

コンディショナーの使い方

理想的なコンディショナーの使い方をすれば髪の毛のツヤやまとまりが変わってくるので是非チェックしてみてください。

・コンディショナーを適量手に取り、毛先を中心にして良くなじませる
・手に残った分を根元に馴染ませるように塗りこむ
・髪も頭皮もヌルつきがなくなるまですすいだら完成

コンディショナーを使う時のポイントは、「髪の毛に残さない事」です。髪の毛に残っていると、それが固まってフケのようになってしまいますし、余計に頭皮が乾燥してしまうことになります。

その為、もういいかなって思ったくらいから10秒多めにすすぐようにしましょう。

タオルドライの方法

出典:イラストAC

タオルドライは、ただ髪の毛の水分をふき取るだけではありません。

髪の毛を乾燥させず、洗った状態を保てるようにする意味もあります。

また、しっかりと水気を拭く取っておくことでブロー時間を短縮させることもできます。

・まずは髪の水気を切る
・ターバンのように髪の毛をタオルでくるんで優しく拭く
・頭皮は優しく拭き、毛先はこすらずタオルを押し当てるように水滴を吸わせる

タオルドライでやってしまいがちな髪の毛をぐしゃぐしゃにしながら拭くのはNGです。

髪の毛はこするように拭いてはいけません。

ポイントは、根元を中心に水気を取るように拭くことです。

 

ヘアケアの基本!髪の毛の洗い方とシャンプーの使い方

こんにちは、麻沙美です。

髪の毛は濡れている状態が一番ダメージを受けやすいと言われています。

その為、髪の毛を洗う時は、極力髪毛にダメージを与えないようにすることがとても大事になります。

間違った洗い方をしてしまうと、頭皮のトラブルを招いてしまうことがあるので、適切な洗い方をするようにしましょう。

 

髪の毛を洗う時のシャンプーの方法

シャンプーの正しい使い方を紹介します。

・お湯でしっかりと頭皮の汚れを落とす(30秒程度)
・シャンプーを適量取って、根元から馴染ませてたっぷりと泡立てるようにする
・指の腹を使って頭皮をジグザグにマッサージする
・髪は根元から毛先に向かって指を通すようにして洗う
・毛の根元から毛先に向かってお湯を含ませながらすすぐ

髪の毛を洗う時、爪を立てて洗う人がいますが、この方法は頭皮を痛めてしまうのでやめましょう。

痒い部分をかくように洗いたい気持ちはわかりますが、必ず指の腹を使ってマッサージするように洗ってください。

また、最初のお湯洗いだけで、実はほとんどの汚れは落ちます。なので、最初のお湯洗いはできるだけしっかりと行うようにしましょう。

そうすればシャンプーを使って洗う時に、ゴシゴシと擦らなくても頭皮をキレイにすることができます。

また、予洗いやすすぎはできるだけ丁寧に行うようにしましょう。自分がもういいかなって思ったくらいからさらに10秒くらい長くすすぐのがポイントです。

間違いだらけの寝る前の化粧落とし

初めまして、麻沙美です。

美容研究家として日々美に関することを発信してきました。

そんな私が、このたび美容に関するブログを立ち上げることになりました。

これからこのブログでどんどん美容に関する情報を発信していこうと思いますので、よろしくお願いします。

さて皆さん、毎日寝る前にせっせと化粧落とししていませんか?

化粧をつけたまま寝るとゴミを肌に乗せたまま寝ているようなものっていうのを聞いたこともあるでしょう。

しかし、クレンジングを使って一生懸命に落としているその行為自体がむしろ肌を傷つけているかもしれません。

 

化粧落としはお湯で十分?

洗顔

 

油性ペンやボールペンで間違って自分の肌に書いてしまったり、忘れないように手の甲に書いたりした経験はあると思います。

その書いた文字をハンドソープでゴシゴシと無理に落とそうとすると肌が赤くヒリヒリした状態になってしまいますよね。

でも、消さずにそのままにしておくと自然と消えていると思います。

実は化粧もそれと同じことが言えます。

今のメイクは肌に優しく、信頼できるものが増えているので、ポピュラーな商品であれば油性ペンやボールペンよりもはるかに肌にダメージがないようにできています。

その為、夜寝る前にクレンジングでしっかりと落とす必要はありません。

むしろクレンジングは肌の表面を無理やり削ってしまっているので逆にダメージを与えてしまう可能性があるのです。

化粧は皮脂によって酸化していくことになるので、お湯ですすげば簡単に落とすことができます。

そして、落としきれなかった化粧は酸化していなかったことになるので、そのままにしておいても問題ありません。

お湯ですすぐときは、大体40度くらいのものを使用して軽くすすぐくらいにしましょう。

お湯ですすぐくらいであればすぐに皮脂が補充されるので乾燥する心配はありません。

もしそれでも気になってクレンジングで落としたいという場合は、できるだけ短時間で、肌に優しい成分しか入っていないようなものを使うようにしましょう。