間違いだらけの寝る前の化粧落とし

初めまして、麻沙美です。

美容研究家として日々美に関することを発信してきました。

そんな私が、このたび美容に関するブログを立ち上げることになりました。

これからこのブログでどんどん美容に関する情報を発信していこうと思いますので、よろしくお願いします。

さて皆さん、毎日寝る前にせっせと化粧落とししていませんか?

化粧をつけたまま寝るとゴミを肌に乗せたまま寝ているようなものっていうのを聞いたこともあるでしょう。

しかし、クレンジングを使って一生懸命に落としているその行為自体がむしろ肌を傷つけているかもしれません。

 

化粧落としはお湯で十分?

洗顔

 

油性ペンやボールペンで間違って自分の肌に書いてしまったり、忘れないように手の甲に書いたりした経験はあると思います。

その書いた文字をハンドソープでゴシゴシと無理に落とそうとすると肌が赤くヒリヒリした状態になってしまいますよね。

でも、消さずにそのままにしておくと自然と消えていると思います。

実は化粧もそれと同じことが言えます。

今のメイクは肌に優しく、信頼できるものが増えているので、ポピュラーな商品であれば油性ペンやボールペンよりもはるかに肌にダメージがないようにできています。

その為、夜寝る前にクレンジングでしっかりと落とす必要はありません。

むしろクレンジングは肌の表面を無理やり削ってしまっているので逆にダメージを与えてしまう可能性があるのです。

化粧は皮脂によって酸化していくことになるので、お湯ですすげば簡単に落とすことができます。

そして、落としきれなかった化粧は酸化していなかったことになるので、そのままにしておいても問題ありません。

お湯ですすぐときは、大体40度くらいのものを使用して軽くすすぐくらいにしましょう。

お湯ですすぐくらいであればすぐに皮脂が補充されるので乾燥する心配はありません。

もしそれでも気になってクレンジングで落としたいという場合は、できるだけ短時間で、肌に優しい成分しか入っていないようなものを使うようにしましょう。